山梨ずくなしレポ

山梨の観光・グルメ・育児に関する情報。田舎者のネット通販事情。

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

鉄道博物館(博物館・埼玉県さいたま市)

2012.05.15(13:50)
住 所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
営 業:10:00~18:00(入館は17:30まで) 
休 日:毎週火曜日および年末年始 
電 話:048-651-0088 
駐車場:一般車 1日500円(駐車場は9時~)
価格帯:一般 1,000円 小中高生 500円 幼児(3歳以上未就学児) 200円
設 備:レストラン・公園・乗り物・ベビーカー(無料)・オムツかえシート・障害者用トイレ・音声案内貸し出し
タイプ:鉄道ファン・子テツ・親子・観光
地 図: http://yahoo.jp/hcnD73

行って来ました!
子テツの憧れ「鉄道博物館

我が家のS君は、たいそう待ち望んでおりまして・・・

「ひらがなで、てつどうはくぶつかん」(ささやくように)
「漢字で、鉄道博物館」(普通の声で)
「カタカナで、テッパク!!」(叫ぶ!)

と、不思議な呪文を数日前から唱える唱える。


朝は、6時出発だったのですが、S君の起床4時半前ですよ。
(母は4時起き)

その日の朝は「5時半に出ないといけないって、てっぱくの本に書いてある!」と急かす。

そう、彼のバイブルはこれ↓

てっぱくにいこう!―鉄道博物館完全ガイドてっぱくにいこう!―鉄道博物館完全ガイド
(2009/04)
恵 知仁

商品詳細を見る



さて、私たちは週末の混雑を避け、平日に行ってきました。
メンバーは、H氏、S君(4歳)、T君(1歳8ヶ月)、私の4人家族。

タイムスケジュールは以下の通りでした。


10時:鉄道博物館着
まずは、ミニ運転列車の整理券ゲット
10時半:シミュレーター体験
11時半 日本食堂で食事
12時:転車台実演見学
12時半:各ブース見学
13時半:ミニ運転列車乗車
14時:機関車実演見学(たまたま?いつもやってるのかしら?)
15時:お土産を買って帰路

※平日はミニシャトルの運行がありませんので、ご注意を。

10時に到着したのですが、平日と見てあまかった。
すでに、入場ゲートは長蛇の列。
開館となっても、一気に入場せず列ごとに規制入場です。
(これは、子連れには優しい)

まずは、子供に人気の「ミニ運転列車」のチケットを取りに行きます。
しかしこの時点で、午前の部は終了。
13:30-14:00のチケットでした。
この日は機械で取るのではなく、係員さんがチケットを配ってくれたので、流れはスムーズでした。


その後、シミュレーターへ移動。
中学生以上でD51を運転したい人は、まず予約(500円)をしてください。
我が家は、子供が小さいので親同伴で無料のシミュレーター体験。

鉄道博物館
まずは山手線(1回3分ほど)
平日でも、この時点で30分待ちです。
画面も大きく、実際の映像なので迫力もあります。
鉄道博物館 (1)

鉄道博物館 (2)

電車が動くので臨場感がある。


次は新幹線(1回6分ほど)(こちらも30分待ち)
こちらは、入口がスロープなのでベビーカーや車椅子のままでも入れます。
この時点で、T君脱落。(1歳児には面白みが無いようです。)
新幹線はS君とH氏で満喫した模様です。
地震発生して新幹線が止まったらしい・・・・。
(そういう設定らしい)

私とT君は館内お散歩。
インフォメーションで、本日のイベント予定をチェックします。

鉄道博物館 (3)

この日は12時から転車台実演とのこと。
他のイベントは、ミニ運転列車にかぶっていて無理そうでした。
次は、もっと早く来て午前の整理券を取らないといけないなぁ・・と反省。
そして、ヒストリーゾーンこちらは、T君もお気に召した模様です。
鉄道博物館 (4)

色々なところを探検して、座席に乗って車窓を楽しんだりしていました。

11時半に近づいたので、シミュレーター近くへ向かうと、ちょうど終了した様子でした。

そのまま、昼食です。
S君が、新幹線のお皿のお子様セット(750円)を食べたがったので、日本食堂にしました。
子供用イス、お子様メニューがあります。
線路側が前面ガラス張りになっており、ひっきりなしに電車が通ります。
目線が同じなので、なかなかの迫力。
なつかしの食堂車のメニューが食べられるそうです。
ただ、T君(2歳前)が食べられるようなものは少ないかな。
私と懐かしの食堂車のハヤシライス(700円)をシェアして食べたり、ポテトを食べたりしていました。
H氏は、列車乗務員賄い丼 ハチクマライス(650円)を頼んでいました。

館内には、持ち込み可能の電車が2ヶ所(ランチトレイン・フレンドリートレイン)あるので、駅弁を買っって食べるのも情緒があっていいかも!

2階のTDでは、新幹線の行きかう様子が見られるので、こちらも楽しいと思います。



さて、昼食も無事済ませ、12時にはヒストリーゾーン中央C57蒸気機関車の前へ。
早くも子テツたちが、カメラを構えています。

アナウンスでの説明があり、警笛!
S君は耳を押さえながらも、逃げずにがんばる!
(S君は大きな音が苦手なのです・・)
T君はs君のまねをしつつ見学。
ゆっくり回転していく転車台の様子に見入っていました。

その後、新幹線のすれ違いを見るために、2階レストランTDの脇へ。
すばやく駆け抜ける新幹線を見て新幹線の名前を当てるS君。
・・・こ、コワすぎる。

その後、ジオラマを楽しんでパノラマデッキへ。
風が強くて寒い~!!
季節がよければ、行きかう電車たちを堪能できるトレインビューポイントなのでしょう。

かけあしで、1階ラーニングホールへ。
台車の分解・組立が体験できる「車両工場ラボ」
駅の仕事が体験できる「駅構内ラボ」
パソコンで鉄道車両をデザインできる「デザインラボ」
があるのですが、すべて見学だけ。
ミニ運転列車運転指令室で、ちょっとだけ司令室ごっこ。

その後パークゾーンへ。
おまちかねの「ミニ運転列車」へ乗車です。
鉄道博物館 (8)

時間前でしたが、結構並んでいました。
電車の種類は選べず、運転は小学生から。
鉄道博物館 (7)
3人乗りで、1周300m約6分です。
椅子に座れない子は、一人計算ではなく4人一緒に乗れました。
S君はノリノリ、T君はグズグズ(眠い時間だよね)。



その後、14時になったところで、大宮車庫から本物の機関車が登場。
鉄道博物館 (10)

ディーゼル車が押していましたが、蒸気も上がっています。
S君もT君も、もちろんH氏も私も大興奮!!

鉄道博物館 (9)

イベント情報や、案内にはまったく載っていなかったのですが、いつものイベントなのでしょうか??
それともたまたま?
大人も子供も、オオワラワ。
カメラ、携帯、フル稼働です。



最後の締めに、2階のお土産やさんへ。
・・・子供と来たら危険ですよ。
プラレールグッズ満載デス。
入場は覚悟の上で。
でも、図録や本などが豊富なので、大人だけならゆっくり見たいところ。
子供を振り切って、1階ミュージアムショップへ。

はいはい、ココも危険ですよ。
ジオラマグッズあるし。
S君はNゲージ欲しがってるし。
T君は・・・ありがたいことに寝ています(笑)。
お菓子など、近隣に配るようなお土産は1階でお買い求めください。
オリジナルグッズや、限定品、大人のための記念品などもあります。
S君のお茶を濁しながら、何とかおもちゃではないお土産を買い、脱出成功。

疲れる足を引きずって家路に着いたのでした。

H氏、お疲れ様。
S君、一人でずっと歩いたね。
T君も、たくさん歩いたね。
みんな、楽しい一日だったね。





プレミアム バンダイ
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!
ランキング 人気blogランキング

クリアランス特集【トイザらス】

<<オーブントースターでカボチャとくるみのソフトクッキー | ホームへ | エステティック プラソン甲府店>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fevrierr.blog55.fc2.com/tb.php/499-7167a435
メニュー

  • 旅行記(48)
  • ずくなしレシピ集(35)
  • 妊娠・出産・育児(26)
  • お店レポ(206)
  • 山梨あそびレポ(80)
  • きれいコラム(52)
  • モノ。コラム(89)
  • たべものコラム(44)
  • 住む。コラム(9)
  • 図書室(14)
  • ショッピングモール(16)
  • 万雑記帳(34)

リンク
ランキングに参加しています
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

おきにいり。











shop HABA ONLINE 【okasix】ロゴ120-60_01

クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。