山梨ずくなしレポ

山梨の観光・グルメ・育児に関する情報。田舎者のネット通販事情。

SPOON TEA & RESTAURANT(スプーンティ&レストラン)(紅茶・無国籍料理 甲府市)

2017.05.25(22:19)

SPOON (2)

住 所: 山梨県甲府市貢川本町1-6
電 話: 055-235-9008
営 業: 11:00~22:00(L.O.21:00)
休 日: 年中無休
駐車場: あり(少ないので乗り合わせを)
タイプ: せいろ蒸し・紅茶・パスタ・カレー・女性・デート・子ども可
地 図: https://yahoo.jp/C7ETj2

※ このブログは、個人的な記録です。最新情報は、別途公式ページなどでご確認ください


甲府市貢川にあるSPOON TEA & RESTAURANT(スプーンティ&レストラン)へ行ってきました。
以前から気になっていた、紅茶専門店。
紅茶専門のカフェというとなんだか誘う人を選ぶんだよなぁ……などと思いながら、N女史を誘ってみる。
(フレーバーティって好き嫌いあるから)
ちょうど気になっていたそうなので、やった!って感じで行ってきました。

おしゃれで雰囲気のいいお店です。
テーブル席もソファーなのでゆっくりしたいときにお勧めです。
しかもランチタイムからお休みを挟まないので、そのままテータイムも可能です。
平日の昼間でしたが結構込み合っていて、お客さんは女性ばかり。
子供用のメニューは見当たりませんでしたが、子供用の椅子はありました。

ランチタイムには、メインのお料理にスープと紅茶が付きます。
SPOON (3)

ランチについてくる紅茶は飲み放題です。
ただし、フレーバーは選べません。
スタッフさんがポットに持ってきてついでくれます。
今回は、ホットでイチゴとラズベリー、サクランボとメロン、水出しで一杯いただきました。

せいろ蒸しのメニューはとても多くて、それ以外にもパスタやリゾット、カレーもあります。
↓一例です。
SPOON (5)

SPOON (6)

SPOON (7)

SPOON (9)

SPOON (12)

SPOON (13)

SPOON (14)

SPOON (10)


今回頼んだのは、せいろ蒸し。

ご飯も3種類から選べます。
白米と混ぜご飯と玄米。
SPOON (4)

この日の混ぜご飯は、ゴマと鶏だったので混ぜご飯をチョイス。
ゴロゴロの混ぜご飯(味ご飯)というわけではなく、あっさりとした味付けにたっぷりとしたゴマの触感と香りが癖になります。
あくまで主役はせいろって感じのさじ加減が好き。

一緒に行った友人は、寝ぼすけ玄米をチョイス。
発酵玄米だということで、初めての方には好みが分かれるので白米と半分にできますと店員さんからアドバイスをいただきました。
そんなわけで、一応ハーフにしてもらいました。本当に白米半分、玄米半分って分かれてきます。
玄米に癖があるとのことでしたが、うーん?そう?という感じでした。
私は気にならなくておいしくいただきました。

若鳥の麹揚げ(?)のせいろ蒸しを注文。
1580円で、せいろ3段(ごはん、野菜、メイン)と紅茶飲み放題、小ぶりのポトフが付きます。
SPOON (17)

唐揚げのせいろ蒸しって??と思ったのですが、唐揚げは蒸されてなさそうですw
SPOON (18)

蒸し野菜がたっぷりで、ボリュームたっぷり。
ご飯は、大・中・小と選べるのですが、私は小でもキツキツでした。
途中で紅茶をサーブしてくれるから余計ですね。
SPOON (15)

とてもスイーツまでたどり着けなかった。(食べたかった)

お茶の時間にゆっくり来ても楽しそうです。
ディナーにはコースもあるそうですよ。
SPOON (11)


⇒SPOON TEA & RESTAURANT(スプーンティ&レストラン)(紅茶・無国籍料理 甲府市)の続きを読む
スポンサーサイト

たけ川うどん(河口湖町・吉田のうどん)

2017.05.04(21:06)
たち川うどん (4)
住 所: 山梨県南都留郡富士河口湖町船津3371
電 話: 0555-72-5022(予約不可)
営 業: 10:30~13:30
休 日: 月曜日
駐車場: あり
タイプ: 観光・家族・おひとり様・お座敷・相席
地 図: http://yahoo.jp/RU7JvA

※ このブログは、個人的な記録です。最新情報は、別途公式ページなどでご確認ください


河口湖まで来たので、吉田のうどんを食べようとたけ川うどんに行ってきました。

11時過ぎについたのですが、すでに5組ほど並んでいました。
が、ここは何しろ回転が速いので、10分も待てば順番がやってきます。
少し並んでいてもあきらめないで待ってみたほうがいいかも。

ファーストフードと思ってください。
席に着く前までに、食べたいもの決めておくと早いです。
基本、空いている席に相席でどんどんお客さんを通していきます。
なので、デートや苦手な方には不向きかも。
食事の時間を楽しむというよりは、さっと食べてさっと立ち去る、そういうマナーのお店です。


メニューはこれだけ↓
たち川うどん (1)


案内されるときに、注文を聞かれるのでそこで注文するとあっという間です。
席について、注文が決まったらそこで支払いをします。
お水などはセル方式。
お手拭きやお茶もないので、汚れが気になる方は入口のトイレで先に手を洗っておいたほうがいいでしょう。


テーブルには、割りばしと薬味、天かすがおかれています。
こちらは、肉うどん(中)
たち川うどん (2)

吉田のうどんといえば「カラミ」(すりだね)という薬味です。(写真右)
ティースプーンが入れてありますが、結構辛いので少しずつ入れて様子を見たほうがいいですよ。

天かすは盛り放題!
たち川うどん (3)

吉田のうどんは、たくさんのキャベツが乗った、コシが強い(っていうか、強すぎる)手打ち麺です。
肉うどんの肉は馬肉のところも多いのも珍しいかもしれません。

何しろ麺が特徴的で、やたら固いです(笑)
のど越しを楽しむおうどんを想像していると、噛むのが苦手な小さい子供や、歯の弱い方はめまいを起こすレベル。
めっちゃ噛みます。
だからお腹にたまります。
女性は中で十分。子供さんなら小でもいいかもしれません。

でもね、なれると癖になるんですよね、これが。
スープがすごくおいしいし、馬肉のしぐれ煮もおいしい。
なので、私は絶対肉うどんを注文します。
辛いの平気な方は、ぜひカラミ(すりだね)を入れてください。
断然おいしくなりますよ~!

たけ川うどんうどん / 河口湖駅

昼総合点-


西湖ネイチャーセンター(西湖・クニマス展示館・西湖コウモリ穴)

2017.05.04(20:18)
コウモリ穴 (2)

住 所: 南都留郡富士河口湖町西湖2068
営 業: 3月から11月まで 9:00~17:00
     12月から2月まで 9:30~16:30
休 日: 3月から11月まで 休館日なし
     12月から2月まで 毎週水曜日
コウモリ穴入洞料:大人 300円 子供150円(JAF割引あります)
クニマス展示館:無料
駐車場: あり
タイプ: 観光・家族・アウトドアー・車いす対応トイレ
地 図: http://yahoo.jp/Hnq8Nm

※ このブログは、個人的な記録です。最新情報は、別途公式ページなどでご確認ください

釣りの後は、S君一押しの西湖コウモリ穴へ行ってきました。

西湖ネイチャーセンターは、クニマス展示館とコウモリ穴への受付が併設された建物です。
以前、S君がキャンプでコウモリ穴へ連れて行ってもらい、あまりの楽しさに以前から「案内したい!」と言われていたのです。
それをT君(弟)が覚えていて、今回リクエストされたのでした。

入り口でヘルメットを渡されて、さあスタート!

コウモリ穴まで樹海の中の遊歩道を歩いていきます。
コウモリ穴 (1)
こんな感じで歩きやすい。

樹海の自然も観察できて楽しい。
コウモリ穴 (4)

コウモリ穴の中には足場も悪く、天井も低い!
ヘルメットがないと危ない理由がわかります。
大人は悪戦苦闘!
子供は(小さいから)すいすい進んで、体調気分でおおいばり(笑)
でも、こういうのっていいですよね。
誰にだって得意不得意があるんだよって、大人だからとか子供だからって関係ないんだよって。
できる人がサポートしよう。できない人を待っていよう。
そういうのが、楽しく実感できます。

あまり観光化されておらず、人も少ないので洞窟探検気分を味わえます。
自分でしっかり歩けるようでなければ難しいのでご注意ください。
ヒカリゴケなども観察できて神秘的でした。
足元を照らす小さなライトの光だけで、植物が育っていることを知って子供たちは不思議に思ったようでした。

鳴沢氷穴も楽しいですが、こちらは穴場なので、子供とゆっくり阿蘇にタイ人にはお勧めです。

また、クニマス展示館もあり、クニマスの標本や実際に泳いでいるクニマスを見ることができます。


KBH 河口湖ボートハウス(河口湖・貸ボート)

2017.05.04(19:50)
KBH (3)

住 所: 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2308-1
電 話: 0555-20-4121
駐車場: あり
定住日: 不定休
営業時間: 6:00~18:00
タイプ: 観光・貸しボート(スワン・手漕ぎ)・釣り・アウトドアー・家族・デート
地 図:  http://yahoo.jp/MkZqK7

※ このブログは、個人的な記録です。最新情報は、別途公式ページなどでご確認ください

子どもたちよ、河口湖でボート釣りデビューしよう!ということで行ってきました。
今回お世話になったのは、KBH 河口湖ボートハウスです。
家族4人で乗れる和船タイプのボートを借りることができるので、家族で釣りを楽しめます。
また、釣り道具もライフジャケットもレンタルしてくれるので、手ぶらで行っても大丈夫!!

こんな感じに素晴らしい富士山がドーン!!
オープンカフェのようになっています。

KBH (2)


KBH (1)

釣り以外にも足漕ぎボート(ぞくにいうスワン)やローボート(手漕ぎボート)もあるので、デートや観光などでも楽しめると思います。


和船タイプ(定員4名 二人で漕げる)は、2名3500円、3名4500円、4名5500円(営業時間内であれば時間フリー)
エサ釣り道具1式 1500円(餌、釣り竿、仕掛け、予備の針1つ、はさみ、ペンチ)でした。
今回のエサは、サシでした。
ルアーのセットは2500円でした。

今回はエサ釣りタイプを借りました。
でも、もともと釣りをする方なら道具を持って行ったほうがいいと思います。

えーっと、釣果は0でした(笑)
でもね、ボートの上でゆったりとした時間ができて楽しかったです。
ハヤみたいな小さな魚がボートに近くを泳いでいったり、鵜やカモなどがプカプカ浮いていたり。
ほかのボートがおこす波に揺れるのなんかも結構楽しかったです。

それに、こういう自然ならではの「思い通りにならない」体験って大切だと思うんですよ。
ゲームなら気に入らなければリセットすればいいし、見たくないテレビは消せばいい。
でも、自然の中で遊んでいると、そういうわけにはいかないことがいっぱいある。
釣りをしたければ自分の手を汚さなければいけないとかね、そうやって嫌な思いしてるのに魚釣れなかったりね。
でも、自分の力ではどうにもならないことが、世界にはたくさんあるって実感として知っているというのは、すごく重要だと思います。

オオムラサキセンター(自然博物館・北杜市)

2017.05.03(20:27)
オオムラサキセンター2017 (16)

住 所: 北杜市長坂町富岡2812
電 話: 0551-32-6648
入館料: 大人 420円 小中学生 200円
営 業: 通常:9:00~17:00(最終入館16:30) 
     7月~8月 8:30~19:00(最終入館は18:30まで)
     12月~3月 9:00~16:00(最終入館は15:30まで)

休 日: 月曜日(祝日の場合はその翌日)
     祝日の翌日(土・日曜日の場合を除く)
     夏季無休(7月下旬~8月)
     2月28日~1月4日(特別開館あり)
     ※ その他、臨時開館、臨時休館あり
駐車場: あり
タイプ: 家族・子供・観光・虫・自然
地 図: http://yahoo.jp/v49YCV

※ このブログは、個人的な記録です。最新情報は、別途公式ページなどでご確認ください

オオムラサキセンター2017 (2)

北杜市にあるオオムラサキセンターに行ってきました。
年間2~3回はお邪魔する我が家の定番スポット。
虫好き&自然好きの人にはコンパクトに遊べる便利な場所です。


室内の博物館展示と屋外の自然観察ゾーンからなる施設です。

オオムラサキセンター2017 (1)
エントランスの花壇はオオムラサキモチーフで鮮やかでした。
春爛漫ですね。

アウトドアガツガツなイベントが多いので、汚れてもよい恰好&準備をお勧めします。
うちは怒りたくないので、完全に汚れていい格好&着替え全セットで遊びに行きます。
虫の観察施設なので、虫よけリングなどはご遠慮ください。

なお、土日は石窯ピザ作り体験(500円)がありますが、通常はお食事処はありませんので、昼食をとる場合はご持参ください。
テラスにテーブルなどはありますが、多くはないのでシートがあると便利です。
雨の日は…食事に向いてないかも。


展示室の中は、昆虫について詳しく説明されています。
クイズに答える感覚で引き出しを開ければ、たくさんの虫が隠れているので、探検気分。

オオムラサキセンター2017 (11)

しかも、プラチナコガネ……いた!(笑)
こんな近くでがっつり見れたじゃん!!!
オオムラサキセンター2017 (10)


虫の薬用の説明なんかがあったりして面白いw
オオムラサキセンター2017 (9)


また、シーズンによっては虫に直接触れ合うこともできます。
オオムラサキセンター2017 (5)
今回はクワガタ&カブトムシでした。

オオムラサキセンター2017 (7)
ちゃんと触れ合い方の注意書きもあるので、初めての方でもチャレンジできます。
結構レアな昆虫に触れますよ。

メジャーな昆虫以外にも、ヤスデの入っているケースに直接手を入れて探すこともできたりします。
⇒オオムラサキセンター(自然博物館・北杜市)の続きを読む
メニュー

  • 旅行記(48)
  • ずくなしレシピ集(35)
  • 妊娠・出産・育児(26)
  • お店レポ(203)
  • 山梨あそびレポ(80)
  • きれいコラム(52)
  • モノ。コラム(89)
  • たべものコラム(44)
  • 住む。コラム(9)
  • 図書室(14)
  • ショッピングモール(16)
  • 万雑記帳(34)

リンク
ランキングに参加しています
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

おきにいり。











shop HABA ONLINE 【okasix】ロゴ120-60_01

クロックス オンラインショップ